遺品整理について

核家族化がすすむ以前は亡くなられた方がいた場合、同居していたご家族や親族の方が遺品を片づけることが当たり前でした。 ところが、現在は・・・
・離れて暮らしているため頻繁に実家に戻れない。(距離的な問題)
・仕事が忙しく、片づける余裕がない(時間的な問題)
・不用品を捨てるのに、どこに、どう捨てたいいのかわからない(廃棄物の問題)
・大量に不用品があり過ぎてどこから手を付けていいのかわからない(精神的負担)
・たんすや食器棚など重たい物、大きい物を搬出出来ない(肉体的な問題)
・手伝ってくれる人が身近にいない(人手不足)
・思い出がありすぎて、どれも捨てられない(優柔不断タイプ)
・アパートの退出期限が迫っているのに終わらない、1日で片づけて欲しい(締切問題) ・・・など色々な理由で遺品整理をすることが困難になっています。
こういったわずらわしさを解消してくれるのに「便利屋さん」「何でも屋さん」を利用する方が多くなり、今や「便利屋さん=遺品整理」というイメージも出来てきました。

高齢化社会、核家族化にこそ必要とされる適正な遺品整理料金

超高齢化社会を迎え、生まれる人口よりも死亡していく人口の方が多い時代に突入し、遺品整理業は雨後の竹の子の如く乱立の時代を迎えます。
料金は有って無いが如く、作業料金が高騰した時代もありました。
高額な金額を請求しながらも、不法投棄を行う悪徳業者も出て参りました。

しかし、遺品整理という故人の遺品を扱う崇高な仕事をいい加減な人間が行うことは道徳上許されるはずがありません。

今は適正な仕事をする企業しか生き残れなくなりつつあります。 当社は遺品整理士認定協会認定の遺品整理士、現場特殊清掃士が在籍して、作業手順・法規則はもとより遺品に対するモラルなども勉強しており安心です。 作業員一人一人がコンプライアンス(法令順守)を重視し、故人に畏敬の念をもって作業にあたることをお約束致します。