遺品整理をすこしでも安くする方法

廃棄処分料は「重さ」であったり、「㎥」であったり処分方法などにより料金は変わりますが、作業時間が短縮されれば、その分作業代は節約出来ます。
例えば・・・
  1. 鉄は鉄、紙は紙、布は布、木は木、プラスチックはプラスチックなど仕分けが必要な物は素材ごとに事前に仕分けをする。(中身がわかる透明なごみ袋が必要)
  2. 調味料などの液体は捨てておき、ペットボトル、缶、瓶なども仕分けをする。
  3. 食品や冷凍食品などの食材も可燃ごみとして出しておく。
  4. 古本は段ボールにまとめる。

    これらを完璧に仕分けることによって作業効率がかなり違います。
    ただ、適当な仕分け方をするとやり直しをしなくてはならない時間が加算されますのでご注意ください。

    時間があれば、一般ごみとして処分出来る物は処分して頂けると助かります。