札幌市厚別区で遺品整理~怪しい業者には依頼しないで

Pocket

こんにちは、便利屋SAPPORO 改めリライブル株式会社の鈴木です。

今日は札幌市厚別区で遺品整理のお仕事をしてきました。
久しぶりの当サイトでもご紹介したいと思います!

当社は家財整理、特殊清掃専門店ですので本部サイトもご覧頂けると本格的に作業していることがわかります。
【運営会社】 リライブル株式会社

ご依頼者様の弟さんが亡くなられて初七日が済んでご連絡を頂きました。

月内に片づけないといけないということもあり、先週お見積りに伺わせて頂きました。
1ルームで一階作業ということとで搬出作業もそれほどかからず、ご依頼者さまが廃棄された物もあり、当社で廃棄となったのは大型のロッカータンス、食器棚、ソファー、テーブル、TV台といったところでした。
その他細かい生活用品が段ボールで4箱、衣類が8袋程度です。

%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e9%81%ba%e5%93%81%e6%95%b4%e7%90%86%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc(※写真が相変わらずPC版とスマホ版で縦横が違います。大変ご迷惑をおかけしております)

札幌市環境事業公社さんに依頼して廃棄品回収をしてもらいました。

「きちんと片付けをしてくれて、大変助かりました」とお声がけ頂きました。

「自分の時も遺品整理頼みたいから部屋に名刺貼っておくわ」と言われましたが、正直なんとお答えしていいのか苦笑いでした。

「またのご依頼お待ちしております」というのも節操がないですし、洒落にもなりませんよね。

でも大変ありがたいことだと思います。

今回は家電リサイクル法の品がありませんでした。

ご存知の通り、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの4品目は家電リサイクル法対象物で正しい廃棄をしないといけませんが法定費用と運搬費が別途かかります。
これらを廃棄しなければそれほど高額にはなりません。

思いのほか、これらは処分費がかかるので請求額上は高額になりますが、実は当社としては手間がかかるだけで何も嬉しくはないのです。(おいおい)

もし、ご自身で処分したい場合は、下記の方法がございます。

一番安く済む方法
① 郵便局にいって、家電リサイクル法対象物のメーカー、大きさを伝え処分料金を振り込む。
② ①で振り込んだ後にもらう”家電リサイクル券”をもって指定の持ち込み場に自分で運搬する。

札幌市の場合は引き取り場所が4か所のみです。

●鈴木商会
札幌市東区北丘珠5条4丁目4-60 電話:011-790-1281
札幌市西区発寒15条13丁目1-35 電話:011-662-2211

●日立ダイレックス
札幌市西区発寒10条12丁目2-20 電話:011-666-9907
札幌市清田区清田2条3丁目3-20 電話:011-884-1921

次に安く済む方法
① 大型家電店(ケーズデンキやヤマダ電機に持ち込んで処分してもらう)
② 持ち込めない場合は上記の店舗に連絡し、日時を打合せして引き取りにきてもらう(量が多いと出張回収代が結構加算され高額になってしまいます)

ご自身で廃棄する場合で、数が多い場合は「意外に面倒だな~」と思うかもしれませんね。


家電リサイクル法とは?

因みにこの家電リサイクル法ですが、正式には『特定家庭用機器再商品化法』といいます。

覚えにくいので『家電リサイクル法』という名称になったのでしょう。

%e3%83%aa%e3%82%b5%e5%ae%b6%e9%9b%bb
そして厄介なことに基本的には地方自治体では回収しないところが多いです。
(勉強不足ですみませんが、地方自治体で回収するところもあるのでしょうか?)

あと、余談ですが、ちょっとうさん臭いなと思う業者さんの場合は後日電話をして確認をしてください。

きちんと処理している場合は家電リサイクル券の控えが発行されます。

もし、この家電リサイクル券の控え自体がお客様の手元になくても、発行番号を調べればどういった処理がされたのかネットでも確認することが出来ますので「処理番号を教えて下さい」と伝えてみてください。

仕事柄、車を運転中に気になるところがたくさんあって家電だけ回収して自宅、もしくは敷地内にため込んでいる業者も時折見かけます。
不法投棄の山 依頼しないで
こういった場合は、たいていが”正しい商売”を行っていない場合が多いので、最終的には処分代が捻出できずに倒産、もしくは不法投棄ということもありえます。

北海道は山林が多いですから、発覚していない不法投棄も多いのではないかと思っています。

全国的にもこういった不法投棄は後を絶ちません。

これは依頼する側にも責任があって、『格安』、『無料回収』などという言葉に釣られてお願いしてしまうことも原因の一つです。

安易にネット検索したら『上位』だったからという理由で依頼するのはやめて下さい。

怪しいサイト
きちんと会社概要、代表者、保有許可などを確認してください。

あと、廃棄を依頼して料金を払ったにも関わらず、廃棄をしていないで転売してる業者さんもいます。

そういった場合は回収代、廃棄代、そして物品売買の『利益2重取り』というやつですので、お気を付けください。

誠意ある業者さんの場合は買取出来る物は買取査定をしてくれますし、店頭販売するには難しい年式だが知り合いが使うから無料でも引き取ってくれるという場合もあります。(全てが対象ではないでしょうが)

まぁ、一番の対処法は胡散臭い業者に依頼しないということが第一です!

遺品整理に関わらず、お困りごとがございましたら下記までご相談下さい。
法令違反、許可の関係で出来ないこともございますが、まずはご連絡下さい。
対処できる業者さんを推薦、紹介できる場合もございます。

0120-669-920

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> 

(Spamcheck Enabled)